ハイエースのリース車両を高く売却する方法

投稿日:2020.03.01

リース契約をしている車は、買取に出せないと思っている人がいますが、実際は適切な手順を踏めば売却は可能です。 今回は、高く売却する方法を考えておく理由や速攻高値鑑定王でハイエースのディーゼルが高く買取できる理由などについて解説していきます。

もちろん売却を行うためには正しい知識が必要ですので、リースしているハイエースの買取について知りたいと思っている人は目を通してみてください。

高く売却する方法を考えておく理由とは

車を所有するなら、高く売却できる方法を検討することが重要です。 高く売却できる方法がわかれば、リースとローンのどちらが良いかも決めやすくなるでしょう。

そもそもローンとリースの
どちらがいい?

ハイエースをはじめとした商業車を購入する際、ローンとリースのどちらが良いか迷ってしまうケースもあるかもしれません。

ここではローンとリースのメリット・デメリットについて紹介します。 それぞれの特徴を踏まえたうえでどのように売却できるのか確認してみてください。

【ローンのメリット・デメリット】
■メリット
一括で支払う場合はまとまったお金が必要になりますが、ローンを組むことにより、貯金を崩す必要がなくなるといったメリットが生まれます。 またローンであれば頭金が必要になっても一括よりまとまった金額が必要ありません。

■デメリット
ローンを組むと、手数料などにより一括よりも支払総額が大きくなってしまうことがデメリットです。 また毎月の引き落としが負担だと感じてしまう場合もあるでしょう。

【リースのメリット・デメリット】
■メリット
リースは、毎月決まった金額で利用できるのが大きなメリットです。また手ごろな料金である点も魅力といえます。

■デメリット
リースはローンと比べてカスタマイズの自由度が低いことがデメリットとしてあげられます、また走行距離に制限があるケースもあります。

銀行系ローンの場合

銀行系のマイカーローンは、信用金庫や労働金庫を含む銀行が提供しているローンです。使い道は、自動車関連の利用が原則です。 また、銀行系ローンは、他よりも金利の低さが魅力だと考えられています。

現金を銀行から借り入れるため、車の所有権はローンを組んだ人になるのもメリットです。 メリットが多いように思える銀行系ローンですが、借入までに時間がかかってしまうことや審査が厳しいといった注意点もあります。

また審査を行った当日に申し込みが終了するケースがほぼなく、1週間から2週間ほどの期間がかかってしまう銀行が多いです。 審査が厳しいのは、金利の低さが関係しています。

これはマイカーローンに限った話ではありませんが、金利が低くなればなるほどローンを提供する側のリスクが上がるため、その分審査が厳しくなるのです。

スコアリングシステムを取り入れた審査を行っているのも特徴的なポイントです。年収だけではなく、勤続年数や家族構成などもチェックされます。

ディーラーローンの場合

ディーラーローンは、ディーラーが提携するクレジットカード会社、保証会社、信託会社が提供するローンです。借り入れの際は、車を担保のするためローンを払い終わるまで所有権は手に入りません。

ディーラーローンで一般的となっているのがフルローンです。フルローンは、車の代金を全て借入し、契約した機関で分割して返済します。 次に紹介する残価設定ローンと比較すると、金利が高めに設定されている理由がわかります。

銀行系ローンと比べると、審査が厳しくないことが1つのメリットだと感じる人が多いです。 審査が終わるまでの時間が比較的短い、新車を購入する際の価格が安くなる、融通が利きやすいので良い条件で借入できる可能性が高い、などといったメリットもあります。

しかし、金利が高い、返済期間が長く設定できない、申し込みのタイミング・用途に制限がある、車の所有権はローン完済までディーラーのものになるといったデメリットもあります。もし利用を検討しているのであればデメリットについても十分理解した上で利用しましょう。

残価設定ローンの場合

残価設定ローンは、残価設定型クレジットと呼ばれることもあります。このローンは、返却を前提にしているため毎月の返済額を抑えられるというメリットがあるのが特徴です。

返済額を抑えられるのはかなり魅力的なので、近年注目度が高まっているローンでもあります。 残価設定ローンを利用することで、毎月支払わなければいけない金額が抑えられるだけでなく、数年ごとに新車に乗り換えられる、売却する時の市場価格で悩まずに済むなどのメリットあります。

しかし、走行距離に制限が設けられている、乗り換えは原則として同じメーカーから選ばなければいけないといった制約があることも忘れてはいけません。

新車にこだわりがある人や車を使う機関が限定されている人であれば、残価設定ローンを利用すると得をする可能性が高いです 一方で、貯蓄がしっかりある人や長距離運転をする場面が多い人、長期的に見たコストを抑えたい人だと損してしまう可能性が高いです。

オートリースの場合

オートリースは、カーリースとも呼ばれています。これはリース会社が購入した車を、契約者が定額の料金を支払って利用する仕組みです。

毎月定額を支払うのですが、そこにはリース前の整備費用や登録費用、毎年発生する自動車税、車検時の自賠責保険料、自動車重量税などが含まれています。 つまり、車検月などを問わず支払う金額が一定になるのです。

カーシェアリングやレンタカーを使うという手段もありますが、使うたびに借りなければいけません。それに対してオートリースは、契約期間中であればマイカーのように自由に使えます。 好きな車種やボディカラーを選択したり、オプションを付けたりできるのもオートリースのメリットです。

その他にも、個人事業主なら全額経費計上できる、ナンバープレートを自由に選べるといった点もメリットとしてあげられます。 色々な種類の車に乗ってみたいと思っている人に最適な方法なので、オートリースを選択する人も増えつつあります。

オートリースのデメリットとは?

オートリースにはメリットがたくさんありますが、当然ながらデメリットもあります。 ここでは、具体的にどのようなデメリットがあるのか解説していきます。

1つ目は、中途解約ができないことです。 リースしている期間中は、中途解約ができないので慎重に車選びをする必要があります。 気に入らない車種だからという理由で中途解約した場合、高い違約金を請求される可能性が考えられます。

2つ目は、走行距離が制限されていることです。 リースする会社や利用するプランにもよりますが、1ヶ月当たり1,000km~2,000kmの走行距離制限が設けられているケースが多いです。契約満了時に制限を超えている場合、超過料金が発生します。

3つ目は、傷やへこみなどがあると追加料金が発生することです。 走行距離だけではなく、車体に傷がたくさんついていたり、事故を起こしたりした場合はその補修費用として追加料金を支払わなければいけません。 また大幅に車体を改造したケースも追加料金の対象となります。

ハイエースは中古車を購入するのが
リセールを考えるとお得!

ハイエースの購入方法として中古車を購入することには、リセールの観点から非常にメリットがあります。理由としては、海外での需要の高さです。ハイエースは、海外向けに販路を持つ業者に買取を依頼すると高く査定がしてもらえる可能性が高い車種です。例えばディーラーの下取りで価格がつかないと言われても、海外向けの販路のある業者に聞くと、何十万という査定価格が付くケースのある希少な車種とも言われています。

また、海外向けの買取業者であれば、大きなへこみ、傷などがあっても高値で買取をするケースもあります。 理由としては、国内での修理費用より、海外の方がコストが抑えられる為です。

ハイエースはその丈夫さから登録してから15年20年経過している車両でもまだまだ、十分に動くことは国内でも知られていますが、海外では日本国内以上にその丈夫さに対する評価が高いのです。ですので中古で購入し、5万キロ、10万キロと使用された後でも、購入時の価格とほぼ変わらない価格の査定金額が付くケースがあります。勿論、前のオーナーのメンテナンス状況など注意すべき点はありますが、リセールの観点からみると中古車での購入は、コストパフォーマンスの良さから検討する余地があります。

速攻高値鑑定王の高値買取の理由とは?

速攻高値鑑定王は、日々ハイエースを何十台と高価買取させて頂いております。 なぜなら、100ヶ国を超えるバイヤーから競争入札を行っていて、ロットで購入しているので輸送コストを大幅に抑えられているからです。

また、速攻高値鑑定王は仲介業者を挟んでいないため、直接海外のユーザーに販売するという方法を採用していることも高額買取を可能にしている理由です。 速攻高値鑑定王の買取対象となる車は、状態の良いものだけでなく廃車寸前でも査定ができます。

特に多走行車でしたら、国内市場と比べても確実に高値買取をさせて頂いておりますので、高く売りたいと考えている方は査定を検討してみてはいかがでしょうか。

過去10年のハイエースの輸出台数

速攻高値鑑定王は、過去10年間に5,000台以上のハイエースを輸出した実績を有しています。 日本国内の業者の中でもこの実績は最大級の実績です。 輸出している国は100ヶ国以上となっているため、他と比べて高い買取価格を提示できるのも速攻高値鑑定王の強みとなっています。

また速攻高値鑑定王は、海外向けのマーケティング力が高く、検索エンジンなどで海外から検索された場合も上位表示されるため、多くの買い手がサイトに集まります。 その分市場の規模も広いので、安心して査定に出すことが可能です。

高値鑑定王の買取実績

速攻高値鑑定王ではこれまでに多くの買取実績を残しています。最後にその実績の一部をご紹介します。 速攻高値鑑定王がこれまでに買い取ったハイエースは決して状態の良いものだけではありません。

例えばシートが破れているものや一部が破損しているもの、荷室を加工されている場合も査定対象となります。 参考までに平成9年式のガソリン/マニュアル車/24.5万kmのフロアパネルがサビ腐食が大きい車両で、買取価格が45万円、走行距離が39万kmの平成13年式のガソリン車で、シートに大きく破れがあり、大きなへこみ傷が2,3箇所、フロントガラスにヒビワレ、事故歴もある車両でも買取価格が50万円となります。その他ドアにサビ腐食がある車両なども多く買取させて頂いております。詳しい査定か価格については、お車の写真と車検証をご用意頂き、お問合せ頂ければ査定価格をご提示させて頂きますので、お気軽にお問い合わせください。

まとめ

 

①リース契約している車両でも契約によっては買取が可能な場合がある
②基本的に契約中に買取に出すことはできない
③契約上大切に扱う必要があるため、程度の良い状態を維持しやすい
④オートリースは走行距離に制限がある場合もあるが、査定の際は有利に働く
⑤ハイエースの場合、リセールを考えると中古車での購入はコストパフォーマンスがよい

入力はカンタン30秒

オンライン査定お申し込み

年式

必須

年式をご入力ください

走行距離

必須

走行距離をご入力ください

お名前

必須

お名前をご入力ください

郵便番号

必須

郵便番号をご入力ください

電話番号

必須

電話番号をご入力ください
※ 一部離島、又は、一部お車の引き取りができない場合はご契約ができません。予めご了承下さい。

無料査定お申し込み電話お問い合わせ

03-5766-2606

速攻高値鑑定王の査定にお申し込みされる方の専用ダイヤルです。